腰痛・膝痛・股関節痛・ヘルニア         その痛み諦めないで!               からだ快復センターふくろう堂                     予約電話:050−1571−4820                     メール:kaifukuegao@yahoo.co.jp                      施術時間午前9:00〜12:00                                    午後2:00〜8:00                           地図は最下部に掲示しています!

2010年07月20日

許すということ

懐かしい人に会ったりすると、過去の自分と対面することがあるワケです。

『あの時、あんたはこう言った』とか『あの時のおまえはこうだった』とか・・・

まあ、いわゆる恨み言を言われることもある。

その時、その時で選択した行動なので仕方ないって言えば仕方ない。

こんなことを書くとヒカれるかもしれないが、あえて正直に書くと、ピュアなこぶへ〜が『ごめんなさい』と思うのと同時にダークなこぶへ〜が『じゃか〜し〜!済んだ事をごちゃごちゃ言うない!』と思ったりするのである。

考えるに、その時の『未完成で発展途上の自分』が起こした過去を観たくないのだ。

同時に『その時のことを反省し成長した今の自分を観てくれ!』ということなのだ。

ということは、人から言われる恨み言はいまの自分が成長する上での肥やしなのだ。

言われた瞬間、自分の肥やしにするか、聞かなかったことにするかで、その後の成長が決まるのだろう。

日々成長である。

ようするに、過去の事は許してください。ということです。

でも、これは自分にも当てはまるのだ。

自分は過去に自分に嫌な事をした奴を許せるのか?

その人が反省しているのならば、許そうではないか。

と言うような事を、朝の仕事前に金魚鉢を洗いながら考えてました。


今日はちょっと真面目か??



posted by 回福サムライ・こぶへ〜 at 11:27| 岡山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

powered by TomiryuMap

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。